すれ違いの必然

びっくりした。

今読んでいる本を

対向車のトラックを運転しているおじさんが読んでいる。

意味がわからなかった。

こんなことが起こるとは。

今頃おじさんも読み終えた頃だろうか。
運転しながら読むのも信じられないことだ。

読み終えた。

やっぱり、
心と身体だけじゃない。
子供の頃それに気づいて、
学校の心理カウンセラーに
聞いてみたことがある。

そのとき、こたえはもらえなかった。
共感してもらえず、なんだかどんよりした気持ちになったのを覚えている。

こたえは
カウンセラーに求めるものではなかった。

選択する。
創造する。
知っていることを思い出す。
思考 言葉 行動
原因 と 結果
鯨飲。 

そうぞうは果てしなく。
楽しいところへ
導いていく。

トラックおじさんに会えますか。

広告を非表示にする