読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛乳につけた歯は必要なくなった

Happy New Year.
今年もよろしくお願いいたします。

年始早々歯が欠けまして、
欠けましておめでとうございます。
と歯科医院で真剣に言ってみようかと思うくらい思考回路はショート寸前でしたが、神様みたいな歯科医でコンポジットレジンで神業のように復元してくださいました。
神でした。
神です。

なぜ二ヶ月前に行った歯科医院の院長はインレーで金属入れないとダメだと判断したのだろうか。
人によって判断が違いすぎる。
しかも虫歯が数カ所もあると言われたが、今日の神様はC0が数カ所と、まさかの前歯に虫歯があると診断。
着色じゃなかったのか。


イスに座ると
「肝炎は何型ですか?」と聞いてくる。
私自身意味不明。
「念のため周りを消毒しました。」とか言っている。
問診票の既往歴欄
肺炎と肝炎を間違えた。

横のAとかBって何だろうとは思っていた。

ユニット周りを消毒してくれたらしい。
申し訳なかった。

久しぶりの虫歯治療であった。

神様ありがとうございました。
これで大きな悩みがなくなった。
気兼ねなく旅が続けられる。


広告を非表示にする