苦戦する伸びた

ヨガ教室に参加。

左脚がやや短いらしい。
太ももを殴られる。
治ったらしい。
左脚の筋を意識して伸ばすことにした。

アシュタンガヨガは思っていた以上にハードだった。
どうしてこんな型になろうと思ったのだろうか。
かんばれ関節。


数年ぶりにあった同級生は立派な百姓になっていた。
お別れの日に手作り弁当を作ってくれた。
その材料ほとんどが友達の畑で収穫したものだった。
友達もまた師匠である。

一日一日元気に生きる。




広告を非表示にする