日本語新学習

師匠にまた会えるかもしれない
わくわくわくわく。

日本語を勉強している人と生活すると
新しい物の見方を知ることができる。

「必要は動詞ですか。」
『必要』って動詞???
名詞かな?
「動詞じゃないよ。」って言ったけど
よくよく考えたらneedって動詞やん。
動詞なのか。
『する』がつけば動詞なのか。
そんなこと考えたことないから不明。
だけど、
英語が母国語の人からすると『必要』の品詞を知ることは日本語を学習する上で大事なのかもしれない。


「朝と午前、夜と午後って一緒?」
どうやって伝えたらいいのだろうか。
午前と午後はAMとPMってことなんだけど、朝と夜は何時から何時までって訳じゃないし。そもそも午前午後と捉え方違うしな。悶々。

よくよく考えたら朝はmorningで夜はnightって伝えればよかったやん。
いまさらー。


「今日は冷たいです。」
「今日は寒いね。」
「あつい-冷たい?」
「暑い-寒いだよ。」
「あつい-冷たいじゃないの?」
「気温は暑い-寒いだよ。」
英語はhot-coldだもの、確かに分かりづらい。
熱いと暑い、寒いと冷たいの違いはどうやって伝えたらいいのだ。
わからん。


「日本語は単位が多すぎるよ。一個、一冊、一本、一台、、、。英語はそんなに物によって変えないよ!」
私に言われても、、、
「本当、日本語は単位がたくさんあるね。」
ネイティブは考えなくても自然と使い分けている。
さすがネイティブ。

日本語を勉強して日本語を話す人は
とってもとっても
頑張って努力をして日本語を学習しているから、話せる。
そう思った。



広告を非表示にする