H O Ⓜ︎ E

I went to islands at the end of the year.
I got love from islanders.
広告を非表示にする

ここにきてから
只管に公園で本を読んでいる。

公園は
外で風が顔に当たるのが感じられる
水の音がする
木々がある
鳥がいる
都会でも自然を感じられる場所だ。

今日も本から大事なことをおそわった。
主語はI じゃなくて We だということ。
人生はダチョウ倶楽部だということ。
チューニングは自分でできるということ。

味付け海苔買い忘れた。

どうせ一回。
いまのところ詳細はよくわからないが、
どうやら現在
地球で日本人をやっている。
すごーいバカでぶっとんだ人生が
たのしいとおもうなら
それでよいとおもうんだ。

地球に感謝し
地球のために
地球人のためになることを。

バカでいい。


広告を非表示にする

ありがとうといいたい

無意識にあおを集めるこのにんげんは
いったいほかになにをもとめ、
なにを集めているのだろう。

やっぱりか、とおもった。

こうきたか。

おもいは現実となる。

まいどまいど教訓を教えていただく。

ワカラナイ。

そういうことをおしえてくれる。

おもしろいことだ。

だからつぎへすすむ。

パスポートがみつからない。

広告を非表示にする

青の世界

読もうとおもったけど長いからやめた。

そんなこんなできょうも一日がおわった。

明日食べる予定だったかぼちゃと玄米を夜に食べるという状態になった。

それもこれもどれもきょうの己はZIGAZIGAmatsuri.

まつりだよ。わっしょーい。

 

うん。

こうしてブログに書いているのだってZIGAchanじゃないですか。

こんにちは。ZIGA子。

 

それに執着しなければわらって毎日たのしくすごせるんだ。

 

このままでいい。

 

くだらないんだ

勝手につけたランキング

わたしという存在をきにしてほしいという欲

そういうのにきょうはきづけたから

しあわせだ。

 

足元をやっと見た。

最近人を避けていたから

人々という神々とあうと教えられる。きづきがある。

にんげんしゃかいって勉強になる。

 

ZIGA子だっていいじゃない。

たのしく今回の人間生活をおくろうって。

わくわくすることにむかっていよう。

 

昔から興味はあったけれど

それは執着になると

それは恐れになり、

それは苦しみとなる。

ネガティブなことばはすきじゃない。

だけれども

ネガティブな思考回路とそれに共鳴する波のように

たのしいおもしろいわくわくな思考回路とそれに共鳴する波波波。

 

せっかくいきているんだ。

すべてはきえさり、ながれていく。

リズムがあって、

それに反応するWATASHIがいる。

和多志。

 

そうそう。

いいのよ、なんでも。

おわったことは、ながれっていった。

さようなら。

 

このときは

どうしたらいい?

にんげんZIGAchanの存在にきづいて、

一緒に生きていきましょうよ。

なくすことに執着しなくていい。

きょうもZIGA子はげんきですって。

 

広告を非表示にする

AWAしあわせだ

あわちゃん
ちょうかわいかった。
なんだあれは。
わかっててやっていない
あのかわいさ。
反則である。

今日おじゃましたところは
しあわせエネルギー
大放出の場所で
しあわせいただきました。

ありのまま で あろうと
謙虚であろうと
しあわせな場をつくろうと

愛の世界である。

わけあたえる
うばわない

太陽は愛が返ってきて
あたたかい というはなしをきいた。
宇宙空間は寒いのに
地球にとって太陽は熱く燃える
命の源。

世の中不思議である。
みんなそういう存在なんです。

広告を非表示にする

他人と会話 C&K

出口どこだろーっておもいながら
はなしをした。

よく知らない人と話すことになった。

おしゃべり能力上げたい。
上げよう。
おしゃべり能力ってなんだ。

気づきがあったから
次へのステップアップになった。
いまの自分の実際の現状を知ることができた。
まだまだです。

すごいよく話す人って
ずっと聞いていればいいのか、
途中で、わたしはー って
己の話をしていいのか分からなくなる。
きっと話して良いのだとおもう。
うん。
わたしだったら、その方がうれしい。

ただどこで入っていいのかわからない。
タイミング遅れると、一緒に話しちゃうし、
話さないと間が訪れるし。
そして次の話題に進んでいる。

そう、
つまり、
考えすぎ。

その場を単純に楽しめば良いのだ。
ただそれだけのこと。

次は
ただただ
相手との今の会話
を楽しめば良いだけ。

それがわかった。
考えなくていい
直感と敬意

広告を非表示にする

すごいことに

すごいことに気がついた。

レッグウォーマーをつくっています。
やったー
片足分もうすぐできる。
上手いこと毛糸一玉でできた。




気がついた。

同じ毛糸はこの部屋に存在しない。

片足分のレッグウォーマー。
違うものにするか。

なんでもあり。

どうにかなるだろう。
きょうはここまで。 
いつかの人に続きはまかせた。


ゴム通しさまさま。
ゴム通し様。



広告を非表示にする