読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yepp benn nulaa

己以外も自分と捉えて
ぜんぶひとつにおもう。

そういうすてきな思想になれたら
超すてきやん、
とおもう
人間味あふれる
あたくし。

さいきん、もういいかー
このままでいいやんー
とおもう。

だって
結局、自分は自分の守りに入っている。
それにきづいていることができれば
はい、人間です。
っておもえるよ。

そこ認めたくなかったからね。
それにきづいたぜ。
 
それでいい、
というか
そうなんだから
それを受け入れる。

だって、そうなんだもの。

ただそれだけなのね。

日日おしえてもらって
いきるよー

よいいちにちを

Demal ak jamm!

広告を非表示にする

メモ人

なんて現代人なんだ。
紙ではなくて
ブログにメモろうとしている。

本日4/20は穀雨
種まきの日でした。

畝にネギとジャガイモ。
そこらへんにジャガイモ。

ケースに米
トマトバジル
唐辛子
謎の種と綿
ダンボールにカボチャと柑橘系
トウモロコシ。

外の植木鉢に
ニンジン
キャベツ

窓にルッコラと謎の森の種ひとつ。

泥団子は
米と野生カボチャ二種と柑橘系とクローバー
播種時期は未定。

5月は豆系とソバとエゴマの予定。 

そんな感じで今年もはじまった。
チャンスはまた来年になるの。
だからやれるだけやろうって。
生きるってそういうことよね。

マンガ読んで寝るか。
虫が多くなってきた。
広告を非表示にする

あまやかしっちゅうか、やめました。

どうなるかなんてわからないよ。
だから、おもったらやってみればいい。
それで、あーしなくてよかったと
おもったら、
もうしなきゃいい。

わたしは
この間「自分あまやかし主義」をはじめた。
そしたら、どうなったか、、、

つらくなった。

すべてと己を
孤立させる必要は
なかった。
すくなくとも今は。

自我に向かった結果
大事なことを忘れていたんだ。
自分を好きなことと
自分をあまやかすことは
違う。
自分を好きな人は
満たされているから
氣持ちが穏やかなことを知り、
生きとし生けるものを愛し
おもいやることができる。

会いたい人になりなさい。
おもいやる氣持ち。
顔を見たら笑顔の人。
おもいやることができる人。

おもいやりサンドイッチ。

羊羹をもらった。
ひさしぶりに食べた。
明日は種まきだ。
愛をまこう。
おもいやり。



広告を非表示にする

日日

いつもいつも
おなじことはないみたいね。

だれかにきめられていたとしても
どうきまっているのか
知らないから、
なにがいつ起こるか
知らない。

だから
日日をたのしむ。

そこには
自然があって
植物がいて
動物がいて
すてきな人たちが
愛をもって
接してくれる。
これはすごい奇跡だとおもう。

ここにいる
わたしというにんげんを
認識してくれて
接してくれること。

感謝であり、
幸せで、
歓びに溢れる。

ありがとうございます

そのことばなんだけど、
それ以上に表現できなくて
この感謝を
どう届けたら
どうしたら伝わるんだろうって

この活動は
ひとがいないと
できなくて
多くの人に
支えられてできている。

いつも
幸せであることを
構成するつぶつぶひとつひとつが
おぼえています。
ありがとう。
愛をこめて

今もここで生きています。
広告を非表示にする

あっつーまやないかい

四月とかいう
決められた月が
そろそろ半分とかいう時期をむかえる。

急ぎ
焦り
わたしはだいきらいだ。
なぜならついしているからだ。

いきているだけでいい。
どうにかなるから。

ことばで理想をかくことはできる
それができているかってなると
落ち込みそう。

暗いときは
暗い中にいる
いまは暗いんだな って 
きづいて歩く。

いつかまた
かわる。

落ち着いて
暗くいる。

どうにかなることを理解し、
いらなることも原因があれば結果はあるし、
バカな人をやってみればいい。

きょうも己はバカ全開。

広告を非表示にする

きめない

すきま という 表現。

あーやらかしたなぁ とおもうこと。
やらかしてなかったら、こう思わなかったから、これでいい。
次からきをつけましょう。

雨かなー
晴れるかな。

よくわからない日々ですが
反物反物。
忘れないようにしよう。

そう、
日々
感謝。

愛をこめて。
愛をまいて。

おもいだしたら
それは笑顔のひとで、
また会いたいとおもえるひとで。
あなたのためにできること。
じぶんのためにできること。
そのこうどうは
なにでできているのかな。
広告を非表示にする

かんがえること

かんがえすぎることは こたえを 失う。

味迷子と同じ。

 

自分には直感を信じろと言いつつ、

自分ではそれができていない

現実。

 

旅も流れるようにね、と言いつつ、

あぁいつ帰ろうかなぁ、と

帰る日時と方法を考える。

それも自然といえば自然のながれかもしれません。

 

そう感じた。

そうしたくなった。

自分のうごきもみている。

そうくるかAWAこ。

 

きょうはあたまが選択に迫られていたのがよくわかった。

自己への暴力ふるっちゃったな。

ごめんよ。

焦るなと自分には言いつつ、

選択を迫る己さん。

 

なるようになるし、

この感情に良し悪しはない。

反応しなくて大丈夫だし、

自分の行動すら、

AWAこはここでこう動くかと

みている。

だれだこの人。

 

AWAこの人生をみています。

大丈夫。

どうにかなるぞ。

広告を非表示にする