Dama bind ci leggy

このからだでやっているのは

己しかいないとおもう。

 

相手への思いやり

わたしはまだまだのレベル。

気づくのがおそい。

相手を目の前にしてだと

思いやることより、

自分を良く見せようとしてしまう。

 

どうしたら

相手がよろこぶか、

たのしいか、

そこだけでいいはず。

だけれど時と場合によっては

気づきのために

注意することだってあるとおもう。

それは

何への気づきなのだろうか。

 

相手の人生のためになることなら

伝える。

 

人には

口がある。

言葉がある。

だから

使う。

 

他の動物とは

日本語でも英語でもおしゃべりはできない。いまのところ、己は。

 

人とは話ができる。

話をしないといけないから

言葉が話せるのだとおもう。

 

言葉は

人が

生きるために使う。

 

互いに生きるために、

命あるものたちが

生きていけるように。

 

やさしく

イメージする。

 

お茶を飲もう。

コップを手に取り

口に運ぶ。

 

お茶を飲むという未来の想像が

現実になる。

 

まるごとが

じんせい

そのもの。

 

 

広告を非表示にする

ぴーまん記念日

今日も食べすぎ。

お腹ごめんね。

そもそも作りすぎが原因だよね。

明日からそのスタイルやめる。

 

 

今きづいた。

わたしピーマン好きじゃない。

カレーに入ったピーマンを食べた。

美味しくない。

これって好きじゃないってことか!!

 

自分から買うことはなかったし、

それって使い方わからないからだと思っていたけど、

食べたいと思わないってことだったんだ。

 

自分の好き嫌いが分からないにんげん。

嫌いなものなんて、ないと思って生きてきた。思い込みだった。

素直になるって

多分はっとしたときの感覚。

ふとおもったきもちを、

そのまま飲みこんでみることなのかも。

 

それにしてもまたや人と比較してしまうが、世の人は自分のことがよくわかっているな。

あれが嫌い!あれのこういうとこが苦手!

よくそんなに自分のことがわかっていんなぁ。

わたしももっともっと自分で生きたい。

それって自分を知ることであって

自分の軸になるから。

あれもこれも大丈夫だよって、

思い込んでいたら

知らずに苦しくなる。

 

だからか。

 

きょうはぴーまん記念日。

具体的に言うとあのキュッキュッした触感と苦味が美味しいとおもえない。

 このふと思うきもちをキャッチするかどうかだね。

受け流したら

これまでどおりの

好き嫌いはないですよ思い込み人間。

 

だいじにしよう。

ありがとう。

お腹大事にね。

 

 

広告を非表示にする

受け入れる

じぶんがしていることに

きがついている人って

いるのだろうか。

 

比較じゃねぇよ と人は言うけれど

私は比較してしまう。

よくよく考えるとその比較対象はぼんやりとした妄想の人たち。

長崎の鈴木さん とか

洞窟にいる佐藤さん とか

そういう具体性はない。

 

ぼんやりとした比較対象と比べて

私はブスだなぁとおもったり

真理わかってないんだなぁ

とおもったりするのである。

 

それからなにが得るのか

 

焦りである。

それって

すてきだとはおもわないわね。

 

本日食べすぎ飲みすぎにより

きもちわるくなりました。

どうやら消化してくれたみたいです。

私の体ありがとう。

本当いつも極端でごめんなさい。

 

朝からピーナッツをたべて

雨の中を歩いて

雨だからイベントの参加をキャンセル。

キャンセル料発生。まぁいい。

胡桃を洗って

林檎を食べて

酒を飲む。

寒いからストーブに薪を入れる。

火を眺める。

食欲が湧いてお菓子を食べまくる。

異常者ここに現る。

 

日々変わるんだ。

いつも未来を決めようとしているんだ。

だって周りだってそうじゃない。

なにをするの?って未来を聞いてくる。

人のせいにしたらあかん。

己、それはあかん。

うん、

自分でね。

 

今のこの状況は偶然ではない。

神から与えられた状況でもない。

たんに

わたしがやってきたことの延長であり、

結果ともいえるし、これがまた原因でもある。

春夏のがんばりがさ、実る秋かとおもったの。

そしたらね、

春夏にしてしまったことが秋に結果を出してくれたの。

こういうことなのかと。

こんなに辛いのは

春夏にわたしが他のものを辛くさせてしまったから、かえってきたのでしょう。

 

今のこれも原因だとすると

どんな結果が出るのかな。

それは

おもいやりでもある。

 

でももう遅いんだ。

わたしは過去にしがみついているだけの

きもちわるい人。

 

今の人になります。

今からね。

 

痩せてやるぜ。

 

広告を非表示にする

白熱灯で暖をとる

帰ってきました。

あっという間に、ここへ。

昨日はバーにいて

一昨日は家族と食事して

大都会を満喫した。

 

ここ数日、

なにを考えているかって。

ここに戻ってくると

暗くなるのはどうしてだろう。

現実を目の当たりにしているからかな。

 

寒い。

白熱灯が暖めてくれる。

 

リアルを生きている。

誰かになにかされたとして

事実は事実。

されたことにたいして

どう感情を持つかは

あなたしだい。

 

いなくなった事実。

寒くなった事実。

手に入れたかったものが手に入らなかった事実。

 

いなくなった今。

寒くなった今。

手に入れたかったものが手に入らなかった今。

 

今ひろがる宇宙のもとで

こいつはなにをしでかすのか。

 

地球であそぶ。

 

できれば

おもしろく

たのしく

おおくのものたちと

ともに。

 

めにみえない

大切な事を。

 

私は非言語コミュニケーションができないそうだよ。

できない

だからこそ

そこに意識をしてみることが

できるよね。

 

軸がないなぁ。

 

何を求めているんだろう、

あたし。

 

寝よう。

広告を非表示にする

うわー

カラオケ1200えん

そんな感じ。

 

ああ

嘘はだめだ。

人を裏切る。

 

人を簡単に受け入れること

誰にでも良い顔をしようとすること

そのときどきで氣持ちをかえること

すべて自分に都合が良いように。

相手やそこに関わる人に

感謝とおもいやりはあるのか。

 

彼は

よくわかっている。

 

わたしだって

他の人と同じ。

腑に落ちたい。

ただそれだけ。

 

レベルを上げるために

なにをしたらいいのか。

 

ただやるだけ。

ただ行動するだけ

じゃないかな。

 

この書くという行為だっけ

落ち着きたいから

やっているわけで。

 

くだらない。

 

すべて

自分のためだということを

自分の都合が良いように

しているだけだと

話そう。

 

おやすみなさい。

広告を非表示にする

ねるか

夏に知らない人から声をかけられた。

おもしろいことおこるなーとおもって

経過をたのしむことにした。

連絡先を交換。

たまに連絡がきた。

そもそも性に興味がないですって

伝えてみたら

それから返事がこない。

なんだなぁ

それでおわりか。

 

ああ

日々ふらふらです。

立ちくらみではありません。

思考です。

 

まあいいや。

それも経過をたのしむことにしましょう。

ひさしぶりに焼き鳥食べた。

にくにくしい。

肉をたべないと!という人は

どういう考えなのだろう。

大豆おいしくて好きだけどな。

好き という感情はたいせつである。

すべて好きなことだったら

たのしい人生になるでしょう。

 

ひとは

救われたいし

幸せになりたいし

支えがほしいのよ。

少なくてもひとのわたしは。

 

経験がないって言われたし、

ああ

暗くなるわ。

でもいいの。

必要とされれば

やるだけのこと。

奉仕しよう。

メッターをこめてね。

広告を非表示にする

せまい範囲や

じぶんで完結してしまっては

広がりがなくなる。

 

すべてできてしまうというのは

なにを意味するのか。

 

ほかに与えることができるということだろうか。

 

できることは与えよう。

 

ただそれでいい。

そうすれば

わたしは生かされる。

 

カラオケいつ行こうかなぁ。

 

人のことを

悪く言わない。

 

挨拶をする。

 

愛想良く

愛嬌良くふるまう。

 

腹の底を信じること。

 

必要とされることは

幸せなことである。

 

なにがあろうと

この身体で生きている。

 

愛をもって。

広告を非表示にする